職業訓練校

職人・見習い工が勉強する場所

東京建築高等職業訓練校

kunrenkou

 

 

 

 

 

 

 

建築技術技能専門校入校性募集

 

 

 

 

第58期生入校募集は
(東京建築高等職業訓練校)

大工さんたちの学校

東京建築高等職業訓練校は、職業能力開発促進法にもとづく東京都認定訓練校で、建築職人を目指す若者たちが実技と学科の訓練に励んでいます。
授業日は毎週土曜日9時~5時まで。学科訓練は法規、仕様積算、設計製図、規矩術、工作法など16 科目を工業高校・専門学校の先生方と専任の指導員10名が教えています。実技訓練は大工として必要な 木造軸組工法に関する課題の実習を基礎から応用まで、8名の専任指導員が教えます。他に現場見学、 研修旅行等の課外訓練も行っています。
訓練は2ヵ年課程で、修了生には「二級技能検定」学科試験免除や「二級建築士」受験資格短縮等の特典が与えられます。平成21年度までの修了生は延べ1,600名を越えます。
訓練校はその他に、二級建築施工管理技士(建築・躯体・仕上げ)受験コース(2ヵ月間)、一級・二級技能検定(建築大工・塗装)コース等も行っており、多数 の合格者・有資格者を出しています。

—————————————————————————————-
【訓練期間】
2ヵ年通学します。
【授 業 日】
毎週土曜日 午前9時~午後5時、1年次47日、2年次52日、春・夏・冬休みあり。
【訓練教科目】
学   科 ①実際の建築現場に応用できる設計製図(初級~上級)。
②建築実務に役立つ、法規・計画・仕様積算・構造・設備等。
③さしがねの使い方~規矩術(初級・中級)。施工法、工作法。
実   技 継手、仕口、各種墨付、加工・組立。1・2級技能検定課題。
【行   事】
入校式、修了式、見学会、研修旅行、集団検診、作品展など。
【試   験】
入学試験はありません。
学年末試験と修了試験及び技能照査(学科・実技)。
【教   室】
学   科 / 全建総連会館専用教室(高田馬場駅下車徒歩10分)
実   技 / 都立職能開発センター府中校実習場(京王線・中河原駅下車10分)他
【入校資格】
当訓練校規則を守り、建築の仕事に就きながら建築技術技能者を志す意欲ある者(実務経験の有無は問いません)
但し、中学校卒者は、2ヵ年の実務経験後入校となります。
【費   用】
入 学 金 / 35,000円(申込時に納入)
授 業 料 / 13,000円(毎月納入)
【修了時の特典】
①普通職業訓練修了証が授与され、すぐに建築大工2級技能検定を受検可。
②修了時の技能照査に合格すれば、建築大工2級技能検定の学科試験免除。
※2級技能検定合格後2年の実務経験で、1級技能検定の受検が可。
(最初から1級技能検定を受ける場合は4年の実務経験で可)
③修了後、高卒の場合実務経験3年で木造・2級建築士試験を受験可。
④修了後の実務経験7年(技能照査合格の場合は6年)で職業訓練指導員免許を取得するための48時間講習の受講が可。
【訓練生派遣事業主への助成】
雇用保険を適用する建設業事業主は、「キャリア形成促進助成金」と「建設教育訓練助成金(第4種)」を受けることができます。
※給付申請等については訓練校事務局にお問い合わせください。

入校手続

①電話・FAXまたは郵便で、申込書・入校願用紙を申し込んで下さい。
すぐ郵送いたします。(FAX:03-3462-5334)

②申込書・入校願に記入・捺印し、顔写真(3センチ×2.5センチ)4枚及び入学金を添えて、直接支部事務所へ、又は郵送で訓練校へ提出して下さい。

申込締切日
毎年2月末。(定員がありますので、お問い合わせください)

申込み・問い合わせ先

東京建築高等職業訓練校    〒150-0041 渋谷区神南1-3-10 電話(03)3461-1261(代)

NPO東京建設技術センター    〒169-8650 新宿区高田馬場2-7-15  電話3200-7911(代)
—————————————————————————————-