352_kinrou 建設ユニオンでは、市民に信頼できるリフォーム事業の団体・事業者であることの認知を高め、仕事確保と職域防衛に向けて、全リ協の登録を資格要件とした首都圏建設産業ユニオン住宅リフォームセンター【略称:建設ユニオン住宅リフォームセンター】を3年前に設立しました。

この間、建設ユニオン住宅リフォームセンターでは、独自のチラシやホームページに事業会員を掲載し、首都圏の市民から住宅相談があった場合に紹介をさせていただいています。

11月6日、ユニオンの菅原委員長と(株)勤労者サービスセンターの小島社長が「顧客紹介に係る覚書」による業務提携の契約書を交わしました。それにより今後、住宅の検査やリフォーム工事を希望しているお客様を紹介していただけることになり、より一層仕事の依頼が期待されることになりました。

※㈱勤労者サービスセンターとは・・・労働金庫が会員に安心して住宅の売買をしていただくために設立した不動産仲介会社です。