後継者対策で学習会と名刺交換会

幅広い意見が聞けて、名刺交換をしました

埼玉支部

sk307_04_01

5月14日(日)、埼玉支部事務所において、支部後継者対策員会による「標準見積書学習会&名刺交換会」が開催され全体で17人が参加しました。

講師として招いた岡田本部書記長の講演は、具体的な事例をあげた解りやすい内容で、今回学習会に参加した大半の仲間は、標準見積書について全く知らなかった為、「こんなやり方があるのを初めて知ったよ」と、とても意義のある学習会となったようです。

講演に続き、参加者による意見交換会に移り、自己紹介の後、講演に対する質疑応答や、現在の仕事の悩み相談等、幅広い意見交換となりました。中でも、「大手ゼネコンに経費を請求したが支払ってもらえない」「同じ職種の仲間を紹介して欲しい」等、現場のリアルな話を聞くことができました。

出された意見や質問のうち、組合で相談が出来る話が多くあり、初めて参加した組合員もいることから、今後も「何かあったら組合へ」を宣伝して、定着させていきたいと思いました。

最後に、名刺交換会に移り、軽食をとりながら世間話に花が咲き、今回の学習会が成功に終わったことを皆で喜び、後継者世代が、ぐいぐいと組合をひっぱって行こうと意志統一をして終了しました。

【山田悦司】